本文へスキップ

日本農林資源開発株式会社は農業・林業の資源活性化を専門とする会社です

〒111-0042 東京都台東区寿4丁目16番9号

地域の課題をDESIGN

CONCEPT

「未来志向で地域の活性化を実現します」


新型コロナウイルスの感染拡大により世界中の経済が大きく揺らいでいます。
直接、または間接的に、経済的な打撃を受けて将来への不安をお感じの方々もいます。ここからもコロナウイルス渦での生活を強いられることになります。「CORONAショック」は、失うものも有りながら、新たに生み出されるモノやコトも数多く期待できます。


これらの感染防止への基本的な教えから見えてくるイメージは・・リモートでの共同作業、人人アイソレーション環境、人代行ロボット導入、コロナウイルス撃退装置
これまでも少しずつ進めてきた未来志向の働き方が、いきなり至急モードに入りました。
弊社がこれまで進めてきた目標「先端アイデアをもって地域の住み良さを未来志向で創り出すこと」で具現化を加速します。

今、ベストなタイミングのテクノロジーが
ローカル5Gブロックチェーンです。
アプリケーションは、「
オートノマス」、「リモートセンス&アクション」、「農林水業専用トークン&トレーサビリティ」になります。人との接触をさけて効率よく自動化しその動きを安全にトレースできる解決手段を提供する仕組みの導入など、この国難とも言えるピンチをチャンスに変えて農林水産業から地方都市の活性化を進めます。

未来志向!何事も、快適な通信インフラがないとDX化など実施できません、他地域に先駆けて5Gインフラを早期整備すべきです、総務省が普及を進める
ローカル5Gに注目です。

日本農林資源開発は、地域が持つ様々な資産を5G+ICT&Robotで再構築(デザイン)、地域行政や国内外のICTメーカーと連携し、地域活性企画を提案し具現化して参ります。
ご相談は無料です、
ここをクリックしてお気軽にご相談下さい。


 



バナースペース

日本農林資源開発株式会社


mail : info@jafrd.com