本文へスキップ

日本農林資源開発株式会社は、未来志向で農業・林業の資源活性化を専門とする会社です

〒111-0042 東京都台東区寿4丁目16番9号

会社概要COMPANY

社名
日本農林資源開発株式会社  Japan Agricultural and Forest Resource Development
代表者
中村 一
本社所在地
〒111-0042
東京都台東区寿4丁目16番9号

https://jafrd.com/
資本金
5000万円
設立
2015年
役員
取締役 中村 一  第一級陸上特殊無線技術士
取締役 島岡 伸郎 宅地建物取引士(非常勤)
取締役 エミール・ライ (非常勤)
取引銀行
みずほ銀行 雷門支店

沿革

 
2024年 1月
作業負担軽減を実現する低コストロボットの導入支援
2023年 9月
AI学習搭載エッジ端末による農作業可視化策導入支援
2023年 4月
鳥獣被害や窃盗被害から守る「大音響撃退AI感知カメラ」の普及販売
2022年 9月
高齢者ひとり作業を見守る「SOS発信機能付き音声通話GPS腕時計」の普及販売
2021年 9月
再生可能エネルギー 風力発電型DX station 「Agora」の販売及び農林業情報通信環境の普及
Local5G(or sXGP)とセンサー、デジタルサイネージ、エッジサーバー等を具備した風力発電システム
2020年 6月
水中浚渫D-Robo開発リース事業(SDGs13&14:気候変動に対策を&海の豊かさを守ろう)
異常気象が顕著になりつつある今、少しでも水害を減らし山のミネラルを海に運ぶ取り組み
2019年 6月
i-Construction関連技術の農林業利活用支援(ボランティア)・調査
2018年12月 
再生可能エネルギーの利活用を見直し地域の不安を取り除く
災害時の電気を止めるな!小型木質バイオマス発電導入支援(ボランティア)・調査
2017年12月
ICT利活用による農林業活性化の立案・具現化支援(ボランティア)・調査
小型バイオマス発電+農林業の活性化支援・調査
2016年12月
農林業の未稼働土地の利活用策として営農型低圧仮想化発電所(コンセプト立案)・調査
2015年12月
東日本大震災を機に再エネ導入で農林業資源の再活用支援(ボランティア)・調査

バナースペース

日本農林資源開発株式会社


mail : info@jafrd.com