本文へスキップ

日本農林資源開発株式会社は農業・林業の資源活性化を専門とする会社です

〒111-0042 東京都台東区寿4丁目16番9号

サービス/製品SERVICE&PRODUCTS

サービス一覧

土地利活用具現化コンサルティング

農業・林業未稼働用地収益化

未稼働不動産の有効利活用を促進するコンサルティサービスです。

手つかずの林地・原野、耕作を放棄した農地、未稼働の土地・建物
などの収益化を、農林業の活性化に合わせ行います。
成功報酬型で、相談は無料
・未稼働工場に太陽光発電を乗せ温度管理倉庫として
・未稼働土地に商品組み立て発送を行うサテライト工場を誘致して
・未稼働建物にコジェネ導入で温泉付き店舗とし地域交流ハウスとして


土地利活用具現化コンサルティング

ICTで地域活性策立案・実施

地域活性を目的としたICT企画立案コンサルティングサービスです。

幅広い経験と技術的見識から地域の適正持続案を立案・実施致します。

・人口減を解消するアイデアを盛り込んだ企画作成
・海外からの客を呼び込むインバウンド対応企画策定
・ネックになる運営コスト低減へICT/ロボットを積極採用
・最適な機材が世になければゼロから創ります。


地熱発電温泉コンサルティング

地域持続トリ・ジェネ発電所の設置

地域へのコジェネ発電所設置への立地コンサルティングサービスです。
トリ・ジェネとは、熱源+電力のコ・ジェネに””安心”を加えたシステムで
当社の造語、”安心”は機材と燃料を弊社が直接供給することで実現します。

災害時にも「電気を止めない!」、地域の安心施設立地を提案
地産再生可能エネルギー発電所と共に熱源を利用した施設を組み合わせた、
「癒せる防災制災施設」の立地を推進しています。
災害時停電防止に降雪地の融雪や暖房の熱源にと多様性を持つシステムです。

再生可能エネルギー施設関連コンサルティング歴はこちら


地熱発電温泉コンサルティング

ダム深部堆砂の研究開発

堆積が進む貯水ダムの堆砂除去・再利用システムを研究開発中です。
農林業とも深く関連するダムのリフレッシュシステム開発に挑戦中。当社のICT技術と知見を深部堆砂環境に投入し堆砂除去と共に農耕用土壌への再生利用を行います。

ダムの深部浚渫は技術革新と堆砂物再利用が進まず費用対効果の悪い事業でした、当社では、マルチビームソナーで計測し3Dマッピング分析、それをベースに”浚渫ロボット”で堆積物のシルトを中心に吸い揚げます。シルト系は高含水比ゆえにコンパクトな分級脱水固化装置も準備します、旧来のグラブ浚渫やポンプ浚渫では成し遂げられなかった狭所地での結果を出します。
この技術は、水深の深い河道整正工事にも活かされます。


バナースペース

日本農林資源開発株式会社


mail : info@jafrd.com



 facebookでは


21世紀の再エネはFIT+で


i-Construction って


高齢化地方集落の持続には


森林経営管理制度の施行とは


異常気象でのICT降雪対策


最新作業ロボット事情


農業放棄地を活用すると


農林業効率化ICT最新事情



等などをレポートします。