Agri Embodied AI を考える時

AIによる分析・予測-デジタル化技術-情報通信環境

現在、農業はスマート農業機械やセンサーを活用した圃場の可視化管理、衛星を利用した圃場の変化予測など、デジタル化を推進しています。世界では自国主義が台頭し、食料の輸入が厳しくなる中、食料自給率の改善が我が国にとって重要です。しかしながら、高齢化と従業者の減少という課題も存在します。
そこで、日本農林資源開発では、ノウハウを持たない新規参入者が一定の品質の作物を生産できるようにするための農業AIアシスタントシステム「Agri Embodied AI Edge Data Center」を提案します。

究極の農業AIアシスタントの目標は、環境とのインタラクションを必要とする困難なタスクを創造的に解決することを学ぶエージェントの開発です。これは大きな挑戦ですが、ディープラーニングの進展と大規模データセットの利用可能性向上により、これまで解決が難しかった農業作業において超人的なパフォーマンスが実現される可能性があります。

Agri Embodied AI エッジデータセンターは、圃場のセンサー情報を基に機械学習を行うと共に農業従事者とこの地方特有の栽培方法など自然言語で対話し生成AIによりインタラクティブな予測値の可視化を提供します。これにより、環境に基づいた対話と学習を通じて、農業作業のナビゲーションを支援し、自己の行動の長期的な結果を考慮して作業を計画し、それを可視化します。

具現化されたAIエージェント・ガイダンス・ユニットは、訓練された作業や目標達成の中で、想定外の状況や課題解決にも対応できる必要があります。

大きな目標ですが、スタート出来れば五年ほどで実用化できると考えています。

Currently, agriculture is advancing digitization through the use of smart agricultural machinery, sensor-based field visualization and management, and satellite-based field change prediction. Improving food self-sufficiency is crucial for our country amidst rising nationalism worldwide and stricter food import conditions. However, we also face challenges such as aging agricultural workers and declining workforce numbers.

To address these issues, Japan Agriculture and Forestry Resource Development Co,. propose the “Agri Embodied AI Edge Data Center,” an agricultural AI assistant system aimed at enabling new entrants without specialized knowledge to produce crops of consistent quality.

The ultimate goal of this advanced agricultural AI assistant is to develop agents capable of creatively solving challenging tasks that require interaction with the environment. This is a significant challenge, but advances in deep learning and the availability of large-scale datasets may allow for superhuman performance in agricultural tasks that were previously considered insurmountable.

The Agri Embodied AI Edge Data Center leverages machine learning based on field sensor data and facilitates interactive visualization of predictive values through generated AI, enabling natural language conversations with farmers about region-specific cultivation methods. This supports navigation through agricultural tasks by integrating environmental dialogue and learning, allowing for long-term planning and visualization of one’s actions and their outcomes.

The instantiated AI agent guidance unit must be capable of adapting to unforeseen situations and problem-solving within trained tasks and goal achievement.

This is a big goal, but we believe that once we get started, we can put it into practical use within about five years.

Thanks,

Tags:

No responses yet

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    Latest Comments

    表示できるコメントはありません。