i-Construction2 は農業分野でも

AIによる分析・予測-デジタル化技術-情報通信環境

i-Construction2 「建設現場のオートメーション化」がまとめられました。
建設現場における省人化対策に取り組むためとしています。

i-Constructionは、これまで建設現場の生産性向上を目指し、調査・測量から設計、施工、検査、維持管理・更新までのあらゆる建設生産プロセスで ICT を活用するもので、3次元データの活用が技術のポイントでした。ICT施工は飛躍的に増えており、次なる課題への取り組みであると考えます。

イメージ図にある様に、① 「施工のオートメーション化」に向けたロードマップ、② 「データ連携のオートメーション化」に向けたロードマップ、③ 「施工管理のオートメーション化」に向けたロードマップなどが示されています。

i-Construction 2.0では、デジタル技術を最大限活用し、建設現場のあらゆる生産プロセスのオートメーション化に取り組み、今よりも少ない人数で、安全に、できる限り屋内など快適な環境で働く生産性の高い建設現場を実現することを目指している。具体的には 2040 年度までに、建設現場の省人化を少なくとも 3 割、すなわち生産性を 1.5倍以上に向上すること目指す。としています。

省人化対策への取り組みとして、具体的には、一人で複数台の機械を操作することや、設計・施工の自動化、海上工事における作業船の自動施工など、これまで人が手作業で実施している内容を AI やシステムを活用して自動化し、人はマネジメント業務に特化していくよう変革していく必要がある。としています。

人が手作業で実施している内容を AI やシステムを活用して自動化」を抜き出すと、そのまま、農業分野での人手不足への対策となりそうです。農業に比較し建設業は売り上げ規模が大きいので、作業機材の導入は積極的ですので、ここから様々な自動化機材が出てくると思います、そのまま農業に使えなくとも、改造したりヒントにしたりして農作業の自動化に応用出来ればと考えています。

因みに、「AIの導入で農家の収入はどのように変化するのか」とAIに聴いたところ

  1. 収益の増加:
  • インドでの事例では、AIチャットボットを活用した農家が収入を最大24%増加させたという報告があります
  • 作物の収穫量が最大17%増加したケースもあり、これは直接的に収入増加につながります
  1. コスト削減:
  • 生成AIを活用した精密農業により、水、肥料、農薬などの投入資源の最適化が可能になります。これにより、生産コストを削減できます。
  • 労働コストの削減も期待できます。AIが農作業の自動化や効率化を支援することで、人件費を抑えられる可能性があります。
  1. リスク管理の向上:
  • 気候変動や病害虫の発生などのリスクを、AIが予測・分析することで、農家は事前に対策を講じることができます。これにより、収穫の安定化や損失の軽減が期待できます。
  1. 市場アクセスの改善:
  • 生成AIを活用した市場分析や需要予測により、農家は適切な時期に適切な価格で作物を販売できる可能性が高まります。これは収益の最大化につながります。
  1. 新たな収入源の創出:
  • AIを活用した高付加価値作物の栽培や、持続可能な農法の導入により、プレミアム価格での販売や環境保全に対する補助金の獲得など、新たな収入源を見出せる可能性があります。
  1. 知識とスキルの向上:
  • 生成AIを通じて、最新の農業技術や市場動向に関する情報にアクセスしやすくなります。これにより、農家の知識とスキルが向上し、長期的な収益性の改善につながる可能性があります。

でした。



Tags:

No responses yet

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    Latest Comments

    表示できるコメントはありません。